朝のコテの癖をつけやすくするには?

☝DO-sシリーズAMAZON公式通販☝

DO-s公式サイト

SISIi HAIRはDO-s商品、ハナヘナ正規取扱店

NO.1522

今日は涼しいですね。

そろそろ衣替えもしないといけませんね。

そうなるとスタイリングも変えたくなるタイミングでは?

ストレートアイロンで癖を

伸ばしたり

{2D0A97D1-A33F-4AED-A668-BADA90A615C9}


コテで巻き髪したり

{0D4C3F99-7E5D-4025-8B58-E2DBA421CE81}

コテやストレートアイロンを使う人も増えてる頃だと思います 。

    でも、こんな事感じた事ありませんか?  

美容師さんがやると簡単にカールがつくのに、自分でやると上手くつかない・・・ 

     意外とこんな感じの方が多いのでは?    

  クセがつかない原因は?  

⚪️

寝起きでそのまま巻いてる   

⚪️

何もつけずに巻いてる   大体がこの2つのパターンです 。  

   では、何故家ではクセがつきにくいのか? 

  髪の毛に余分な水分が無い為  美容室でコテやストレートアイロンを使う場合、

カラーの流しやジャンプーなど必ず髪が直前まで濡れています 。

 この場合、髪が乾いたとしても髪の毛の中に余分な水分が残っている為クセがつきやすくなっています

※アイロンやコテをしていると湯気が少し出ているのを見た事があると思います。

    例えると洋服のアイロンをかける時

{485A0A26-D109-437E-88BC-CCC35AD3C1C3}

ほとんどのアイロンは中に水を入れてからワイシャツなどのシワを伸ばすと思います。

     その時に蒸気が出ながらアイロンをかけますよね?    

洋服のシワを伸ばす時は少しの水分を与えて熱を加え、それが乾く事でシワが伸びている状態が

定着します 。

  仮に水を入れないでアイロンがけをすると、シワも余りのびず、生地が焼けたりして傷みます。

   髪の毛も同じです。

   朝の寝起きでそのままコテやストレートアイロンをしてもクセもつきにくいし、

髪の毛が無駄に痛むだけ!     

なので、一度毛先をお湯で濡らすかスプレーヤーで濡らして乾かしてからコテを使うのをオススメします。

 

  この工程を挟まないとカールがつかないからと思い、余計に温度が高くなり髪がダメージするという 

負のスパイラルになるので気をつけて下さいね。

 

巻く前に巻き髪様のスプレーなどを

つける

{D81D9D62-4A78-409B-9526-16486A5DBB6A}

今は市販の物でも沢山巻き髪スプレーが出ているので巻く前につけるとクセもつきやすくなります。

   モノによってはストレートアイロンの前につけてもいいと思いますよ 。

  

綺麗でカールをつけやすくするには巻く前のベースが大事です!

美容室の様なカールを出すにはまず、巻く前の条件を整える


美容室の時と同じ条件にしてあげるのがポイントです!

それだけでカールがつきやすくなりますよ^_^ 

 コテやストレートアイロンをする方には是非、実践して欲しい内容です。

   綺麗な状態を長く維持するには大切な事なので試して下さいね。

ではまた次回に。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事