{4F1473F4-2F9C-4B79-882D-E352032D6671}

キャッシュレス・消費者還元

VISA,masterカードが使えます 。

☝Do-s商品、ハナヘナ楽天公式通販はこちらから☝

DO-s公式サイト

SISIi HAIRはDO-s商品、ハナヘナ正規取扱店

NO.1632

今回は白髪染めの話。

お客さんから意外とよく言われる事。

カラーもしたことない方の場合

ゲスト
どのタイミングで白髪を染めしたらいいですか?

意外と言われます。

個人的には

せん
ご 自身がどうしても気になる様になったらですかね


なんて言ってます。

ファッションカラーと白髪を染め実は同じです。

アルカリや染料の多さなどが違いますが仕組みは同じです。

ただ、ファッションカラーだと白髪は染まらないだけ。

私のお客さんの場合、色味重視でなければ白髪もボケる様に配合しているので

自然に染まる様にしてます。

ただ、
カラーをせず自然な黒髪にしている方もいる。

そういう方は意外と白髪を染めるタイミングが難しいようです(^^;;

白髪を染めたいけどダメージも気になる。だけど染めたい…

そう思う方も多い。

当然ですよね。

今まで地毛でダメージも余り無く、艶もある状態だったんだから。

カラーをすればどうしてもダメージが出る。

繰り返していけば艶も無くなりやすい。

これも事実ですから。

ただ、今は選択肢が増えた。

◯カラー剤で染める

◯マニキュアで染める(当店では扱ってません)

パウダーカラーで染める


ハナヘナで染める今はダメージさせず白髪を染める事は可能なんです。

その1つがハナヘナ(ヘナ)

ヘナは植物。

植物の力を利用して染める。

ただ、ヘナはオレンジとブルーのみ。

黒髪は明るくならず白髪にオレンジの色味がつく。

この感じが嫌かどうか次第。  

  

もう1つがパウダーカラー。

これはカラーとヘナの間の様なカラー。

私のお店で扱う物は90パーセントは植物系、10パーセントジアミンなどの染料が入ってるもの。

ジアミンでかぶれる方は出来ませんがパウダーを水で溶いてから使うもので


ダメージもありません。

むしろヘナの様にハリとツヤが出ます。

{98679D83-EE19-4009-8A02-037621C7A8DB}
{E0A79FC8-F4C0-4D33-97B7-1AB1C1CB3BF4}

ヘナもパウダーカラーもデメリットは黒髪を明るく出来ない。


ダメージが無いかわりに黒髪を明るくする力は無い。

まさに白髪だけをなるべく染めたい方にぴったりのカラーなんですよね。

ファーストカラーにもいいのではないでしょうか?

大人世代は髪の艶がポイントになります。

黒髪が好きだけど白髪は気になる。

すんな方にはピタリとハマるカラーだと思いますよ。

気になる方はご相談くださいね^ ^

ではまた次回に。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事