パーマが掛かりにくい髪でもやり方次第ではかかるかもしれません

キャッシュレス・消費者還元

VISA,masterカードが使えます 。

☝Do-s商品、ハナヘナ楽天公式通販はこちらから☝

DO-s公式サイト

SISIi HAIRはDO-s商品、ハナヘナ正規取扱店

NO.1602

パーマがかかりにくい髪質の時は髪質診断とダメージ診断が大切です。


今回のゲスト。



タイミングが悪くて半年ぶりの来店。

今回はパーマ希望なんだけど前回もデジタルパーマをしてるけど


写真の通りほとんど残っていない状態(-_-;)

髪質は艶が出やすくて綺麗に見えるのがメリットですが、細めで柔らかくパーマが


かかりにくい・・

そこを考慮に入れつつスタートです。

カットしてパーマして完成!

良い感じ

ここでPOINT!

○かかりにくい髪質の時は必ずダメージが出ている毛先はカットする

○スタイリング剤もなるべくつける

○通常のパーマだとかかりにくいのでデジタルパーマでかける

パーマがかかりにくい髪質の場合、ダメージも受けやすい事が多いです。

なので毛先のダメージしている部分をカットしてからパーマしないと毛先が


チリついたりバサバサになりやすい

そこを気をつけないとスタイリングも大変になるので、しっかりと髪質と


ダメージ診断が大切です。

そこを踏まえつつ相談しながらかける事でパーマが成功しやすくなります。

かかりやすくするには髪の余力が大切ですからね。

しっかりと担当者と相談しましょう。

ではまた次回に。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事